スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | Comment- | Trackback-│編集

五山送り火

日曜日に、夫と夫の友人と大文字五山送り火を見に行ってきました。
夫の友人とは出町柳駅で待ち合わせ、三人でまずはお決まりのファラフェルガーデンへ。

駅周辺はお祭りムード。
ファラフェルガーデンも大繁盛でした。

090818-1


2ピタサンドで幸せなひと時を過ごしたのち、大文字を見るべく鴨川へ。
河川敷は人で埋め尽くされていました。

京都って、時期や場所にもよるけれど、結構人が多いです。
日曜日の四条河原町なんか、人の多さは表参道みたいだもん。

で、人が少なく、かつ見晴らしの良い場所を探し出し、腰をかけるとそろそろ午後8時。
点火の時間です。

山に赤い炎が揺れ、それが次第に広がっていき「大」の文字を描き出す。
静かな時間。

川の音、虫の鳴き声、草の匂い、砂を踏む音。

どこか旅行に来たみたいな、懐かしさ。

知り合いのネパール人が、「京都とカトマンドゥ(ネパールの首都)は似ている」と言っていました。

なるほど、どちらも山に囲まれた盆地なんですね。
お寺が多く、観光客も多いし。

でもなによりも、時間の流れ方が似ているなーなんて東京生まれの私は思うのでした。

さて、大した知識もなく行った五山送り火ですが、これはかなり地味な行事なんですね。

30分くらい、夏の夜空に燃え上がる「大」の字をただ見る、というだけ。
ほかにも「舟」とか「鳥居」とか「妙法」とかあるそうですが、ナイアガラとかはありません。

だけど鴨川の河川敷で缶ビール片手に夏を感じる、風情あるひとときでした。

良い時間を過ごしました。
また来年も来れますように。

090818-2
関連記事
スポンサーサイト

| 毎日のこと | Comments0 | Trackbacks0編集

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yogamemo.blog81.fc2.com/tb.php/17-6f060cd3

| main |

プロフィール

鈴木千絵

Author:鈴木千絵

★新しいブログ&HPはこちら

Twitter

chie_sola < > Reload

最新トラックバック

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。