スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | Comment- | Trackback-│編集

秋と冬のウーマンズヨガWSあとがき

先日、冬のウーマンズヨガワークショップが終わった。
東京での秋、京都での秋、そして今回1人で行なった冬のWSと、それはそれは色々なことが私の中で起きているのだけれど、色々ありすぎてどうにもうまくまとまらず、なかなかブログに書くことができなかった。

ワークショップに限ったことではないが、ヨガのティーチングは本当にヨガの実践そのものだと、つくづく感じる。
ときにエッジに出会い、ときに自分の力強さに出会い、さまざまな感情に直面する、そのなかで、できるだけ起きていることに巻き込まれずに、気づいているようにする。
それでもときには巻き込まれてしまうこともあって、だけどそんな自分にも、私はOKを出したい。

自分を許していく旅路なのだなあ。
そしてそれはいつしか、他者を許していくことへと、自然と繋がっていくわけで。
だからまず私は、私を許そう。

冬のウーマンズヨガでは、私は楽しさや充実感を多く感じていた。
それと同時に、毎度のことながら自分の課題にも多く気づかされた。

課題が見えると自分を責めることに時間を費やしてしまいがちなのだけれど、その裏にある自分の心の癖とゆっくり向き合っていこう。(しかし出てくるものの大元は、YTTの頃と変わらないのね)

そして良くできたことや、自分の良さを、きちんと受け取ろう。
それが今の私に一番必要なこと。

次は京都で春のウーマンズヨガ!まきこさんと2人で開催します。
先日Webミーティングをしたときに、「これ自分が受けたいよね」と2人で言っていました(笑)
ウーマンズヨガのTTで体験した「春」の1日を思い出すなあ。

春のウーマンズヨガWS詳細はこちらから。ご予約受付中です☆


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
*Yoga space SOLAのクラス詳細はHPをご覧ください。
http://solakripalu.jimdo.com/


スポンサーサイト

| ウーマンズヨガ | Comments0 | Trackbacks0編集

ウーマンズヨガのティーチャートレーニング

書こう書こうと思いつつも、なかなか書けなかったこの夏の出来事。
7月、まきこさんと一緒にアメリカのクリパルセンターで、ウーマンズヨガのティーチャートレーニングを受講した。

まきこさんとの仲は数年前ヴィパッサナーの瞑想合宿で偶然一緒になった縁から始まり、最近はなんだか家族のようにも感じつつある。

乗る予定の飛行機すべてが遅れてシカゴに一泊というハプニングもありながら、先にセンター近くの空港がある街アルバニーへ行き、ひとりで数日を過ごす。

初めてのアメリカ。
余り人に話したことはないけれど、その昔ニューヨークに住もうと考えていたことを思い出す。
行ったことないけど。笑

私は元(?)バックパッカーで、二十歳過ぎからアジアなら色々周っていた。
だから多少は英語を話せるんだけど、きちんと勉強したことは殆どなく、苦手意識も強かった。
しかし、それも克服するいい機会なのかもしれない。

プログラムの始まる当日にアルバニーに到着したまきこさんと共に、センターへ。
初めて来たクリパルセンターはとても広くて、緑豊かで、清潔でピースフルな場所だった。

kripalu_center (74a)

kripalu_center (59a)

プログラムは5泊6日、計30時間。
スタートしてまず驚いたのが、私たちを入れて12人と、思っていた以上に参加者が少なかったこと。
端のほうでこっそり受講しようと思っていたのに、そうはいかないようだった。

更に、このプログラムはウーマンズヨガを教えるためのものだが、教え方を教わるというよりも、まずは自分たちがウーマンズヨガを体験するという内容だった。
毎日何度もシェアリングの時間がある。

どっぷり自分の心や体と向き合い、色々な体験をする中で、自分自身にどんな変化が起こるのか、身をもって体験する。
これがクリパルのティーチャートレーニングの一環だと言われても、全く違和感がないなと思った。

はじめの2日ぐらいは、精神的にきつかった。
言葉が聞き取れなかったり、シェアリングで言いたいことを表現できなかったり・・・。
だいたいシェアなんて、日本語で言うのさえ難しいときがあるのに(自分の中に起こった体験を言葉にして分かち合います)。

私はここに来て本当によかったんだろうかという、自分への疑い、不安、恐れ。
プログラムは思った以上にタイトなスケジュールで、どぼん、とダイブして、大波小波に流されてもがいているような気分。

そんな、3日目の朝。

早朝目が覚めて、ひとり階段を下りる。
お茶でも飲もうかしら。

その階段の踊り場で、ふいに目に飛び込んできた言葉。

fc2blog_20121022095349a4e_20121022111644.jpg

「勇気」
行動に対して臆病で神経質になりすぎてはいけない。
人生そのものが一つの実験である。
実験すればするほど、より良くなっていく。
(この日本語訳はネットの拾い物)

All life is an experiment...

私はそれを信じているからこそ、今まで色々がんばってきたんだよなあ。
そして、ときどきこれを信じられなくなってしまうんだよなあ。

大丈夫、これもプロセス。
この恐れや不安のなかに留まっていればいい。
きっとここから学べるものがある。

そう、思い出させてくれた。

プログラムは季節に沿って進められ、四季のエネルギーをヨガや瞑想や様々なワークを通して体験していく。
その度に、今まであまり触れないようにしていた自分の「女性性」と出会う。

少しずつ少しずつ、内側から緩んでいく感覚。
これでいいんだ、許されているんだという感覚。

私のシェアを聞いて、ペアになった女の子が涙を流してくれたこと。
誰かが自分のために泣いてくれるということ。

私が、私を大切にするということ。
誰かに、大切にしてもらうということ。

これまでとは違った角度から癒しが起こる。

そして、大好きだったのに忘れていたもの、気がつかないふりをしていたものにも多く出会った。

もっと自分に心地良いことをしよう。
いい匂いのオイルでマッサージをしよう。
片側しか開いていないのでもう片方の耳にもピアスを開けて、ゆらゆら揺れる、綺麗な石の付いたピアスを付けよう。
シンプルに、でも自分の心が豊かになるように。

怒涛の日々の中、楽しみなのは最高に美味しいクリパルごはん。
ついつい盛りすぎてしまう・・・
kripalu_center (78a)kripalu_center (80a)
kripalu_center (22a)kripalu_center (18a)

限られた休憩時間、ときにこんなに美味しいものをかき込んで食べなければならないことが、非常に悔やまれた。
ビーガン(動物性のものは一切なし)やマクロビオティックから、卵に乳製品、魚やチキン、ターキーまで、今の自分に必要なものを自分で選択する、というのがとてもクリパルらしい。

クリパルへの愛も再確認しつつ、プログラムは進んでいく。
(ちなみにこのTTの受講者、私たちを入れて4人がクリパルティーチャーだった!先生のサラも、クリパルティーチャーでもあるらしかった)

最終日に、みんなの前でひとりずつプレゼンをしていくことになった。
今回のプログラムでの体験を振り返り、自分の体験を元に、ウーマンズサークル(コミュニティ)のリーダーとしてなにを伝えるか?というようなテーマだ。

どうやって英語で言おうか?
なまじ考える時間があっただけに、妙に上手に言おうと意識してしまい、またも英語の壁が立ちはだかる。

けれど、意外なことにネガティブな思いは全くなく、本番になればきっと私はやれるだろう、という自分への信頼みたいなものも感じていた。

そうだ、このプログラムの中で何度も感じたもの。
自分の中にある強さ、そこと繋がることができるのだという確信。

リーダーとして人前に立つとき、恐れがないわけではないけれど、私には伝えたいものがある。
そこを信じることができる。

そしてプレゼン当日。
他のみんなが歌やダンスなどかなりダイナミックに表現しているのを見て、なんと私は急遽やることを変更した。

みんなを動かそう、ワークをしよう、直前にアイディアが色々と浮かんできて、あとはぶつけ本番だ、きっと大丈夫!

それはとても幸せな時間だった。
私はちゃんと自分と繋がってここにいて、自分のことばで伝えたいことを表現している。
ひとりひとりをちゃんと見て、みんなを見守っている。

私がヨガのティーチングのときにありたい姿って、こういうことだよな、と思った。

優しさと強さ、その両方に出会った、ウーマンズヨガのティーチャートレーニング。
いや、ウーマンズヨガの体験そのものだった。

11月には、私たちの体験を分かち合うべく、東京と京都でワークショップを行ないます。

感じることは人それぞれでしょう。
だけどきっと、そこから気づくことや学ぶものがあるのだと信じています。

私の体験が、少しでも誰かの役に立つことを、ハラの底から願っています。

*まきこさんの体験はここから読めます☆
http://kripalushiotsu.blog92.fc2.com/blog-entry-355.html

TTが行なわれた部屋。贅沢な景色!
kripalu_center (16a)

サラ、ありがとう。
kripalu_center (47a)


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
*Yoga Space SOLAのクラス詳細はHPをご覧ください。
http://solakripalu.jimdo.com/



| ウーマンズヨガ | Comments4 | Trackbacks0編集

| main |

プロフィール

鈴木千絵

Author:鈴木千絵

★新しいブログ&HPはこちら

Twitter

chie_sola < > Reload

最新トラックバック

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。