スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | Comment- | Trackback-│編集

2012 思うこと

ヨガも瞑想もマクロビオティックも人生の目的ではない。
集中することも何かを受け入れることも何かを手放すことも、
何かを悟ることさえも目的ではない。

私の目的は、私が幸せであること。

自分の幸せを本気で追求したならば、
それは自ずと他者の幸福を願う姿勢へとつながっていく。
だから大丈夫、自己中心でいこう。

早く、早く、と急かす声。
だけど私は今ここで、このままでいい。
誰がなんと言おうと、これでいい。

苦しさの奥にある安らぎや、自己否定と共にある自分への愛。

いつかすべての苦しみがなくなることを願い続けるよりも、
今ここであるがままと共にいることを選ぼう。

物事は自然と移り変わっていく。
ゆっくりと、確実に。
その流れに沿っていけばいい。
自分の中から流れ出すものにも、耳をすませながら。

今年はヨガっぽくないことをたくさんしよう。
私が私の人生の舵をとる。
ってあたりまえのこと。
スポンサーサイト

| 思うこと | Comments2 | Trackbacks0編集

明日からYTTパート2

今日からまた東京に行ってきます。
生まれ育った街ですが、すでに「東京に行く」「京都に帰ってくる」という感覚なのが
自分でちょっとおかしい。

前回のYTTアシスタント、それからトシさんの京都WSオーガナイズと息つく暇もなく、
それらが終わって今日まで10日余り、ゆっくりじっくり自分を緩めることに費やす日々でした。

で、明日からまたきっと、怒涛の毎日。
だけど、ものすごく楽しみで、ウキウキ・ワクワクな私がいます。

自分と向き合ったり、エッジと出会ったり、混沌の中にいることは、さほどイヤじゃない。
そう思えるのは、なにか「問題」と思えることに出会うということはつまり、
その先には今よりも素晴らしい今が待っている、という確信があるからだと、改めて気づきました。

乗り越えられる自信・・・というよりは、エッジにとどまれる自信がついたんだなあ。
必要があって起きているのだと、今起きていることを信頼して、
ゆだねていけるようになってきました。

私はきっと人よりも乗り越えなければならないことがたくさんあるのだけれど、
正直数年ヨガをしたぐらいでは到底、日々ピースフルでハッピーにはならないんだけれど、
(別にそこを目指してないけど)
たとえ苦しくても今ここで自分自身が少しずつリアルになってきていることが、
とても嬉しくて幸せです。

| 思うこと | Comments0 | Trackbacks0編集

軌道修正。

低空飛行の日を過ぎて、霧が晴れたようにすっきりとした気持ちになると、
もうこの先素晴らしいことしか待っていないんじゃないか、って気分になる。

そうかと思うとまた目の前には昔からの心の癖があらわれてきて、それと向きあう。

そのくり返し。

気分が晴れ晴れしたあとだから、なおさらにうんざりする。
いつまでこんなことくり返したら、心はクリアになるんだろう。

ヴィパッサナーもそうだけど、古い心の癖、反応、思い込み、
ひとつひとつ手放していくのは気が遠くなりそうな作業。

いつまでかかる?
一生かかっても終わらないんじゃない?

疲れていたのもあって、ちょっとどんよりした気分の昨日の帰り道。
いやになっちゃう。

だけど。
私は、別に聖人君子になりたいわけじゃない。

私が目指すのは、私が私であること。
よく笑い、よく泣くこと。

いつも笑顔でいられなくたっていい。

私が目指すのは、もう二度と苦しまないことじゃなく。
どんなことがあったって、また再び歩き出せること。

晴れの日、雨の日、あってもいい。
晴れ晴れした、心地いい気分を味わい続けたいと願うのもまた渇望、か。

よっしゃ、いくか。
いこう。

今日はヨガスマイル!

| 思うこと | Comments0 | Trackbacks0編集

だから、やっぱり、「それでいい」

私はずっと、長い長い間、自分を否定し続けてきました。
そして、いつだって、すべてがどうでもよかった。

ヨガに出会って4年とちょっと。
クリパルヨガに出会って2年ぐらい?

ヴィパッサナーもとても良かったです。
今後も続けていきたい、また座りにいきたい。

ここ1年くらい、色んなことが腑に落ち始めて、
今強く強く実感しているのは「自分への愛」。

どんな自分でもいい。
私は私を見捨てない。

という覚悟。
その確信。

自分を見捨ててしまうことは私にとってとても簡単で、
もういいやと全てを投げ出して
またあの場所に戻っていくことだってたぶん簡単なこと。

だけど私はもう二度と、私を見捨てない。

全部投げ出したっていいよ、だけど私がそばにいる。

どうでもいいのならそれもいい、
良い人になんかならなくていい。

私がいる。
どんなときだって、私は私の見方。

そういう覚悟。

私が、私のために。
幸せであることを選択する。

誰も褒めてはくれないよ、
自分のため。

どんな自分だっていい。
私はもう二度と、私を見捨てない。

今、この場所からすべてが繋がっていきますように。
あの頃の私にも、光があたりますように。

| 思うこと | Comments2 | Trackbacks0編集

| main |

プロフィール

鈴木千絵

Author:鈴木千絵

★新しいブログ&HPはこちら

Twitter

chie_sola < > Reload

最新トラックバック

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。