スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | Comment- | Trackback-│編集

トゥルシーチャイ

伏見クラスでは、ヨガのあとにみんなでチャイを飲みながらシェアリングをする。

ゆるんだ体、人によってはお腹も空いていることでしょう、その中で安心して話ができるように、温かくて甘くて少しお腹にたまる飲み物を・・・ということで、試行錯誤の末、チャイに落ち着いた。

長くインドにいたので、チャイにはちょっとした思い入れがある。

できるだけ現地の味を再現したい!と、普段はそんなに飲まない牛乳を使って作っていた。
自分の中ではなかなか気に入っていたチャイ。

だけど、しょっちゅう飲んでいると時々なんとなく牛乳が重たく感じて、余ったチャイや牛乳を持て余すこともしばしば。

豆乳でも何度か作ってみたけれど、インドのチャイのようにはならない。
うーむ。

そんな中、少し前のことになるけれど、友達が暑中お見舞いに"トゥルシーチャイ"を送ってくれた。

トゥルシーとは、ホーリーバジルとも呼ばれる、インドのハーブのこと。

(タイ料理の牛肉バジル炒めはこっちのバジル。今調べたら、トゥルシーには血糖値降下・抗痙攣・鎮痛・血圧降下・解熱・抗炎症・神経調整作用・抗菌作用・防腐作用などなどの薬効があると言われているそうです)

バラナシにいたときには、ヨガの先生に勧められ、毎朝生のトゥルシーと黒胡椒を煮たお茶を飲んでいた。

でも、それがチャイ!??
しかも、豆乳が合うという。

美味しい~という友達の声に興味津々でいたら、サプライズで送ってくれちゃった、というわけです。
ありがとう!

トゥルシーに紅茶やスパイスが混ざっているもので、早速作ってみたところ、うん、ほんとうに美味しい~

これはクラス後にもいいかも。
オーガニックなのも嬉しいし。

というわけで、インドチャイへの執着を捨て、これからは豆乳トゥルシーチャイにしようと思います。
ヨガのあと、体に優しいチャイでほっこりしましょう♪

ミルクチャイは、スペシャルなときに作る贅沢品として。

もしも豆乳やカフェインがダメな人がいたら、遠慮なくお知らせくださいね。
そもそもチャイやスパイスの入った飲み物が苦手な人も、遠慮せずに教えてください。

できれば予約時に伝えてもらえると、代わりのものを用意しやすいです。
が、その場で言ってもらっても大丈夫です◎

こういうの、楽しくて好き。




::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
*11月のスケジュールをアップしました♪
Yoga Space SOLAのクラス詳細はHPをご覧ください。
http://solakripalu.jimdo.com/


スポンサーサイト

| 食べ物のこと | Comments3 | Trackbacks0編集

菜食レストランQUI QUI

先日あゆみさんに連れて行ってもらったマクロビオティックフレンチのお店「QUI QUI」。

去年新しくクリパルティーチャーになったあいちゃんも一緒に、
というか私が付き添いみたいな感じですが、いやー、行けて良かった。

お店をされている知佳さんは元々フレンチ出身。
動物性のものは使ってないのに本格的な料理の数々で、目にも美しい。

私たちは1800円のコースランチを注文したのですが、なにを食べても美味しかった!


前菜、大根と菊菜のクスクス。パンも自家製だそう


そば粉のクレープサラダ。これちょっと身悶えするほど美味しかった


かぼちゃのスープが売り切れのため、コンソメ風スープ。底には自家製のお豆腐が


きのこパイ いちじくソース。フレンチだー


車麩シチュー。ビーフシチューみたいな濃厚さ


食後のデザート、リンゴパイとムースオショコラ。飲み物には穀物コーヒーを


店主の知佳さん。小柄なのにパワフルで、言動がなんだかかわいい


テラスでお料理を激写するあゆみさん


またひとつ、京都にお気に入りのお店ができました。
ここからまたなにか新しいことが始まっていくかも?

お店のブログはこちらから。

| 食べ物のこと | Comments0 | Trackbacks0編集

静原のCAFFE MILLET

色々書きたいことはあるのですが、なかなかアップできずに日々過ぎていきます。

少し前に静原にある完全予約制ベジタリアンカフェ「Millet(ミレット)」に行ってきたので、
まずはそのときのことを。

連れて行ってくれたのは、以前のみさんのワークショップで知り合い、
クラスにも来てくれて何かとご縁のあるあゆみさん。

ずっとおすすめしてくれていたので、やっと行くことができて嬉しかったです。
あゆみさんの職場の方3人も一緒に、女5人でお邪魔しました。

出町柳から車で20分ほどで着いたそこは、
山と畑に囲まれた、ほっとするようなあたたかいお店。

TS3E0321_convert_20100404220255.jpg
薪ストーブがあったり

TS3E0319_convert_20100404220325.jpg
外にはツリーハウス



今回はコース料理をいただきました。

GetAttachment_convert_20100404220405.jpg
前菜。あまり育たなかったというカブに葱味噌が合う!

TS3E0310_convert_20100404220438.jpg
菊芋のポタージュと無水鍋で焼いたパン

TS3E0311_convert_20100404220504.jpg
野菜のグリル

TS3E0312_convert_20100404220609.jpg
メインは蕎麦米のハンバーグ。その横はスイーツみたいなさつまいもサラダ

TS3E0313_convert_20100404220628.jpg
別腹デザート、オレンジケーキの花豆クリーム添えとコーヒー

うろ覚えで書いているので、間違いがあったらごめんなさい。

どれも優しい味がして、でもボリュームは満点!
大満足でした。

東京で生まれ育ち、1年前に京都にやってきた私にとって、
こういう場所、こういう暮らしはなんだか別世界。

だけど、とてもとても、惹かれるものがあります。

ツリーハウスに上ってみたり、お店の店主、樹里さんとお話したり、
たまたまMilletのお庭づくりに来ていた女性とお話したり・・・

気がつけば、4時間(!)もお邪魔してしまいました。

京都に来てから、本当に色んな人に出会います。
そして、京都は狭いので、方向性や好きなものが似ている人たちとは
どんどん繋がっていきます。

TS3E0323_convert_20100404220848.jpg

様々な出会いに感謝。
次は夫と来てみようっと。

| 食べ物のこと | Comments2 | Trackbacks0編集

オーガニック&ベジタブルレストラン「マチャプチャレ」

ここのところ外食が続きます。
今日は、京阪七条駅近くの「マチャプチャレ」へランチに行ってきました。

お隣の「やおかん」さんと共に、
ご家族で経営されているネパール料理とおばんざいのお店です。

私はベジタブルダルバートを注文。
ダルバートとは、ネパールの定食のようなものです。

マチャプチャレさんご一家は先日までネパールに行っている、と友達に聞いていました。
ちょうど私たちの新婚旅行と同時期だったので、現地でなんとなく探してしまったり(笑)

カトマンドゥとポカラに「桃太郎」という日本食屋さんも経営されているので、
ポカラでは風邪を引いたときに食べに行ったりもしました。

ただ、今日お話をしたらその頃にはインドに行っていたそうです。

家族でインド。
良いな~。

以前にも何度かこちらでカレーを食べたことはあったんですが、
ダルバート、しみじみ美味しかったです。

TS3E0285_convert_20100304220248a.jpg

写真が暗くて見づらいですが。

あっさりダルスープときのこたっぷりのカレーと
パパド(真ん中のお煎餅っぽいやつ)とパコラ(右上の天ぷらみたいなやつ)
を混ぜつつ食べると、それはもう至福のひと時。

あ~美味しかった。
また近々お邪魔したいです。

| 食べ物のこと | Comments0 | Trackbacks0編集

辨慶のおうどん

風邪を引きました。
頭痛、発熱。
2日ほど家で寝て、この機会に1日断食をしてみたり。
お陰で頭はなんだかクリアです。

昨日は断食明け、朝に玄米粥を食べて、昼はニラ玉玄米粥にしてみました。
夜、ヨガクラスを終えて、夫とふたりで京阪五条のうどん屋「辨慶(べんけい)」へ。
わりと行きつけです。

京都のおうどんは麺が柔らかめで優しい感じ。

時々「東京のおうどんって違うんでしょ?」的なことを聞かれるのですが、
東京でも関西風おだしのおうどんはわりと色々なところで食べることができます。
でも、この麺は独特だな~。

この日は、甘きつねうどんとかやくご飯(小)
TS3E0281_convert_20100303000024.jpg

普段の食欲の感じで注文してしまったので、全部は食べきれませんでした。
残りは、夫が待ってましたとばかりに平らげてくれました。

胃腸が元気なときの最近のお気に入りは
甘きつね・辛いきんぴら・卵とじうどん。

トッピングするのでおうどんにしては結構な金額(千円位)になってしまいますが、
甘辛で美味しいです。

ただし、このお店のきんぴらはかなり辛いので、苦手な人は要注意!

| 食べ物のこと | Comments2 | Trackbacks0編集

ファラフェルガーデン

一昨日のランチは京都で一番好きなお店、ファラフェルガーデンに行きました。
出町柳にある、イスラエル人経営のイスラエル料理屋さんです。

メニューにはベジタリアンマーク(乳製品は使っている)と
ビーガンマーク(動物性の食材不使用)がちゃんと明記されていて、
しかもカバブなどノンベジメニューも充実しているので、
お肉を食べる人も食べない人もみんな一緒にごはんができる、素敵なお店です。

初めて訪れたのは、まだ京都に引っ越す前。確か物件探しの最中です。

イスラエル料理はそれまでにも何度か食べたことはあったのですが、
このお店のピタサンドは絶品でした。
それ以来、私はファラフェルガーデンの虜になってしまいました。

美味しさって、種類があると思うんです。
例えばインド料理は、食べれば食べるほどお腹が空いてくるような美味しさ。
タイ料理は、次から次に口に入れたくなるような危険な美味しさ。
(あ、わかりにくい・・・?)

で、ここのピタサンドは、やみつきになるような、食べだしたら止まらない美味しさです。

しかも、マサラ中毒気味だった私は最近とうとう家でインドやネパールの
家庭料理風を作り始め、その欲求を満たしていたのですが、
これはちょっと家では作れそうにありません、今のところは。

だからことあるごとにわざわざ電車に乗って、出町柳まで繰り出しているんです。
というよりむしろ、ファラフェルガーデンに行きたいから出町柳に用事を作っている・・・?

昨日はフムス(ひよこ豆のペースト)とババガヌッシュ(ナスとゴマペースト)のピタサンドを
いただきました。幸せでした。


20090711


次はいつ行けるかなー。
京都には素敵なお店がたくさんあって嬉しいです。

| 食べ物のこと | Comments2 | Trackbacks0編集

| main |

プロフィール

鈴木千絵

Author:鈴木千絵

★新しいブログ&HPはこちら

Twitter

chie_sola < > Reload

最新トラックバック

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。